平板載荷試験を利用して安全できる土地を探そう

作業者

耐久性の高い家の施工

工事

地質調査は、家の施工の前などに行われます。地盤の強度を調べるのが、最近の地質調査です。地震による被害を防ぐためにも、土地や住宅の購入前は地質調査をするのが良い方法と言えます。造成地の場合は、特に調査の必要があります。

汚染がない土地を買う

作業員

土壌汚染調査が行われたのかを土地の所有者に確認することで工事をスムーズに行うことができます。土壌汚染調査をしっかりと行っておけば、土地売買のトラブルが起きる可能性が無くなります。気持ちよく取引するために重要です。

液状化による被害と対策

工事現場

液状化は大地震が発生する度に各地で発生してきました。しかし、地震による他の被害に比べると第三者に与えるインパクトが少ない傾向にあります。ですが、液状化が起こると堤防が崩れたり、家が不等沈下して住めなくなるなど影響は大きいです。そのため、適切な液状化対策を講じる必要があります。

試験の内容

作業者

平板載荷試験は主に建築や建設を行なう前に、建設するその土地がどのような状態なのか、どの程度の負荷が耐えられるかを知るために行われている試験になります。平板載荷試験はいろんな地盤調査や地質調査の中でも大きな機械などを搬入する必要がない場合もあることから、比較的手頃に受けることができるため費用面なども安く済ませることができます。また、大掛かりな機械が必要がない場合には、その土地が入り組んだ場所にあったとしても搬入が容易になることもメリットといえるでしょう。
通常、平板載荷試験は建築や建設といったものがメインになることが多いのですが、土地や地盤の状態を確認することができるため環境調査にも用いられることがあります。この環境調査では、主に土砂崩れや地すべりといった問題がないかのチェックを行なうため、自然災害の危険性やその周辺に及ぼす影響などを平板載荷試で確認することができるのです。また、平板載荷試験と合わせて他の地質調査も行えば、地面の地層を調べることができるのでよりしっかりとした調査になります。地層は数種類のものに分かれている場合もあるため、平板載荷試験だけでは判断し難いことがあり、そのためにも他の試験と併用することがいいとされているのです。目的や調査の内容に合わせて試験方法を選んだり、併用することで確実で安心できる調査が行えます。そのためにも平板載荷試験だけではなく、他の調査も行えるような業者に依頼を出すほうがいいでしょう。