平板載荷試験を利用して安全できる土地を探そう

作業員
  1. ホーム
  2. 汚染がない土地を買う

汚染がない土地を買う

作業員

工事がスムーズにいく

土地を買うときには、土地が正常かを確認することをオススメします。とくに土壌の汚染に関してはしっかりと確認しておきましょう。土壌が汚染されていると、予定していた工事が遅れてしまうことになりかねません。土壌が汚染されていないかを確認するときには、土壌汚染調査が行われたのかを土地の所有者に確認する必要があります。土壌汚染調査では、人体や環境に影響がでないかの汚染度を調査することになります。土地に建物を建てる場合に必要で、影響がないと判断されれば土地の売買を正常に行うことができます。正常な土地だと判断されると、工事もスムーズに行うことができるのです。工事中に土壌汚染が発覚してしまうと工事が中断されてしまうので、買う前に土壌汚染調査が行われたのかを確認する人が増えています。

トラブルにならない

しっかりと土壌汚染調査が行われていると、土地の売買時にトラブルが起きません。売る側と買う側が納得する形で売買契約を結ぶことができるのです。土壌汚染調査行うことで様々なトラブルを防ぐことができます。土地売買後に土壌汚染が発覚してしまうと売買契約を取り消されてしまうことがありますが、売買契約の前に土壌汚染調査を済ませておくとしっかりと土地を売買することができます。汚染が無ければ買う側が土壌汚染を取り除く手間や費用を必要としないため、トラブルを少なくすることができるのです。土壌汚染調査によって、裁判にまで発展しそうなトラブルが起きることがありません。気持ちよく土地を取引するためにも、土壌汚染調査は重要だといえます。