平板載荷試験を利用して安全できる土地を探そう

作業員
  1. ホーム
  2. 耐久性の高い家の施工

耐久性の高い家の施工

工事

強度が分かる調査

地質調査は家の施工をする時などに行われる調査で、一部の工務店も手掛けます。地質調査では、その土地の大よその強度が分かります。土砂崩れなどのリスクが高い土地は、家の施工には基本的に不向きです。施工前に地質調査を行えば、強度の高い頑丈な土地が選べるようになります。不動産購入の失敗が避けられる地質調査は、ニーズが高まっています。現在居住している土地の地質調査も、もちろん依頼が可能です。建て替えなどの際には、改めて土壌の強度が気になる所です。多くの工務店では、地質調査を無料で行います。万が一強度に問題がある場合にも、工務店であればある程度のフォローが出来ます。現実の地盤の状態を知るために多くの方が利用しているのが、地質調査です。

地震に弱いのが難点

地盤の強度に問題がある土地は、大地震などの災害が発生すると一気にその脆弱性が露わになってきます。地盤の弱い土地に建てられた家は、地震の際の揺れが通常よりも大きくなる傾向があります。従って、建物の安全性は他の土地に比べて低下します。地質調査できちんと地盤の強度を確認しておくと、地震の揺れに強い場所に家が建てられます。新しく造成された土地などは、特に地質調査が求められます。概して地盤が柔らかいのが、造成地の特徴です。各地の造成地には、分譲住宅などが多く立ち並びます。こういった土地の住宅を購入した場合、地質調査を受けて、生活上問題がないと分かれば安心が得られます。まずはプロの調査を受けてみるのが、確かな方法です。